ひとまず、よしよし!

こんにちは。オンラインショップ担当の小林です。

 

 

先日、プライベートで所属している団体の会議で、

ある部の部長に推薦をいただきました。

 

期待していただいたことはありがたいと

思いつつも、他にやってみたい仕事があったのです。

 

与えてもらった仕事と、自分がしたいことを、

一緒に考えられない自分の器のなさを痛感しました。

 

自分の不甲斐なさを暴露する覚悟で、

正直な気持ちを役員会で話しました。

 

すると、適任者が現れたのです!!

私も、自分らしく動けるポジションにつけた

気がします。

 

 

その出来事の直後に読んだ本が、

ルース・ジャーマンさんの

世界に輝く ヤマトナデシコの底力です。

 

私たち母親は、どんなに頑張っていても、

何か特定の分野では輝いていたとしても、

“みんなの期待”すべてに応えることはできず、

“誰かと比べてできていない部分を恥じる気持ち”

になりがちです。

その殻を破る鍵は、一人ひとりの中に潜んでいます。

私たちは今、

社会の中で孤独になっているのではないでしょうか。

私たちがもっと素直に周囲に頼り、

それぞれの得意分野を組み合わせて、

お互いに助け合うようにしていたら、

少子高齢化など、克服すべき課題をたくさん抱える

日本社会に対しても、みんなの力を合わせて

大きな貢献ができると確信しています」(抜粋)

 

この時期に、この本に出会えてよかった!!

自分自身に「ひとまず、よしよし!」と、

そんな気持ちになりました。