「紙一重」の分かれ道

こんにちは。オンラインショップ担当の小林です。

 

地域のボランティア活動で葦(ヨシ)刈りをした時のことです。

ある先輩から、こんな話をうかがいました。

 

「ヨシとアシは同じ植物なのよ。

もともとの名前は“アシ”だけど、

音が“悪し”を連想させてしまうから、

ひっくり返してヨシと呼ぶようになったの。

その時々の人間の都合で呼び分けたりすることもあるわよ。

何かの材料に使いたい時はヨシ。

邪魔な時はアシってね」

 

人との関わりが深い植物ですね。

 

“ヨシ”と“アシ”、“善し”と“悪し”……

 

でも、葦は植物だから善くも悪くもなく、

本質は中道ってことかしら……?という具合に

なんだか頭がグルグルしてきました~~。

 

鍵山秀三郎先生の著書『凡事徹底が人生を変える

から一節をご紹介します。

 

――協調性と他人依存は紙一重、

向上心と自己顕示欲も紙一重、

信念と自己中心も紙一重です。(中略)

ある人に本当の協調性があって、

向上心があって、信念があって、彼の持っている

自信が本物であるかどうかというのは、

その人がどんな志を持っているか、その人の持つ

志によって決まるような気がします。

ただし、志にも二面性があるので、

気をつけなければなりません。――

  

協調性、向上心、信念など、どれについても紙一重の分かれ道。

ならば、その時こそ「中道」の立場から、

あらためて左右どちらに行くのかを検討できる

自分になりたいな……と思うのでした。

  

凡事徹底が人生を変える』は、

鍵山先生のメッセージが目次からもあふれている一冊です!

ぜひ、下記のページで【主な内容】を確かめてみてくださいね。