『道経塾』107号のご紹介

こんにちは。新人の小林です。

4月も後半戦ですね。皆様、いかがお過ごしでしょうか。

 

さて、明日は『ニューモラル』『れいろう』『道経塾』最新号の

発売日となっています! 

 

その中でも、本日は『道経塾』をご紹介します。

こちらは「道徳経済一体思想」を追求する経営情報誌です。

 

「道徳」と「経済」が一体とは、具体的にどんなことなのだろう……と

思われる方もいらっしゃると思います。

私もそこに興味を持って『道経塾』107号(平成29年3・4月号)

手にとってみました。

 

                      

 

すると、疑問に答えてくれそうな連載を発見!

「道経一体を志す」というコーナーで、日本道経会の田原道夫会長は

「企業の究極の目的は“人づくり”そのもの」というお話をされていました。

 

「売上げや利益とは“人づくり”のための条件であり、過程なのです。

すなわち、“人づくりが”できた分だけ、

売上げや利益が増大することをめざすのです」(本文引用)

 

読んでいて、ウキウキしてきますね♪ 続きは是非、本誌をご覧ください。

 

 

※表紙画像をクリックしていただくと、商品ページが開きます

 

明日発売の108号(平成29年5・6月号)の特集は「働きがいの追求」です。

まだ私も読んでいないので、どんな内容になっているか興味津々です!