「古典」の固い殻を割ってみると……?

こんにちは。オンラインショップ担当の小林です。

 

1月11日の出版部日記で、前任の忍足さんから紹介があった『運命を開く易経の知恵』を読みました。

 

『易経』と聞いて、私はすぐに「易占い」を連想しましたが、さにあらず

 

英語学者の渡部昇一先生と英文学者の中山理先生が、東洋最古の古典である『易経』の思想を学者ならではのセンスで解釈し、味わい、楽しむという内容になっています。

 

お二方の手にかかると、固く難しそうな古典がなんと柔らかく感じられることでしょう……。

 

とてもシンプルな教訓。

自分の身に置き換えて考える楽しさを教えていただきました!

 

 

 渡部昇一先生は2017年4月17日に逝去されました。

 謹んで哀悼の意を表します。