人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 260g

在庫あり
数量:

岩橋文吉著

168頁 B6変型判 ISBN: 978-4-89639-105-3

 

 

「人はなぜ勉強するのか」。

この基本的な命題に対して、著者は吉田松陰のひたむきな勉学の姿と、その大きな志を通して

“活きた学問・勉学”のあり方と重要性を提言する。

 

これからの人生をデザインしていく学生・生徒に語りかけるやさしくも味わい深い文章。

「松陰入門」にも、「勉強入門」にも最適の1冊。

 

【主な内容】

第一章  人生をデザインする

  • どんな夢を持っていますか
  • 自分探し――私の持ち味・卓越性 
  • 集団の中の自分―――社会性の発達
  • 話し合いと役割取得――自己訓練
  • 立志――人生をデザインする
  • 人生設計――生涯学習の基本的課題
  • 隣人愛――生涯学習の活力
  • 天与の自分探し――生涯学習の醍醐味

第二章  維新日本の先駆け

  • 千秋の人 吉田松陰
  • 松陰門下の奇才 天野清三郎

第三章  吉田松陰の志と勉学志の原点

  • 志の原点――家業を継ぐ
  1.  素晴らしく大きな夢――千秋の人
  2. 獄中読書に燃える志――勉学の喜び
  3. 幼くして吉田家を継ぐ――兵学の家
  4. 進路の方向付け――人生設計
  5. 一族門人総がかり――人を育てる体制
  • 志の成長――奮闘的欲求
  1. われ一人曰く――主体性の自覚
  2. 学問の志――人生の正道
  3. 一骨折れ申すべし――奮闘的生涯
  • 志を貫く――誠心の限りを尽くす
  1. 出奔事件と第二回江戸遊学
  2. アメリカ軍艦来航と下田踏海
  3. 獄中の勉強会―生きる限り学ぶ
  • 天性の自覚――人を育てる松下村塾
  1. 家族の愛情と尊敬
  2. 幽室の読書会―篤学の家風
  3. 身分差別のない松下村塾
  4. 天性を尊重する――純金の純度
  5. 人間味と心の温かさ――敬愛協同
  6. 気迫とおだやかさ――大勇気
  • 人生の学――修身・平天下の道
  1. 名利の学を否定する
  2. 世の評判に流されず
  3. 欲を薄くする
  4. 見せびらかしとおもねりを戒める
  5. 実学的態度を重んずる
  6. 万民を案ずる俊傑の学
  7. 道徳の基本
  8. 三つの実践項目
  • 命の限り道を学ぶ
  1. 誠心の実験
  2. 命がけの学問

あとがき

 

【著者略歴】

岩橋 文吉 (いわはし ぶんきち)

大正5年(1916)12月13日、和歌山県生まれ。広島文理科大学卒業。九州大学旧制大学院修了。昭和26年国立教育研究所員、31年九州大学教育学部助教授、44年教授となる。その後、同大教育学部長、付属比較教育文化研究施設長を歴任し、56年福岡女学院学院長、平成2年福岡女学院大学学長に就任する。九州大学名誉教授、福岡女学院大学名誉教授(平成17年、刊行当時)著書『国際化時代における人間形成』『持ち味を活かす教育』等。

人はなぜ勉強するのか―千秋の人 吉田松陰

販売価格: 1,080円(税込)

重量: 260g

在庫あり
数量: