新編小学修身用書 巻之一

新編小学修身用書 巻之一

販売価格: 1,296円(税込)

重量: 222g

在庫あり
数量:

 

 

 

 

人はいかに生きるべきか―125年前の道徳教材

明治時代の小学校教師が集めた「史実に基づく道徳教育の題材」150話(全3巻)を完全復刻。

巻之一には、小学校2年生に語り聞かせた「先人の生きる姿」50話を収録。

廣池千九郎 著

A5判・並製 131 頁

 

 

【 主な内容 】

  1. 貧しくとも学ばざるべからず
  2. 人は貧しくとも学に篤ければ卑しめられず
  3. 貧しくとも親を大事にすべし
  4. 父母、病あらば傍らに侍るべし
  5. 父母、難にかからば身をもって代わるべし
  6. 業をはげみて親を養うは子の務めなり
  7. 男子は兵役に就くを喜ぶべし
  8. 養育の恩は山より高く、母の恩は忘るべからず
  9. 徳、孤ならず、ゆえに小徳も行うべし
  10. わが身栄ゆるに至るも人の恩を忘るべからず
  11. 世益を図るは男女にかかわらず
  12. 孝順の力、よく強盗の勢いを挫く
  13. 人に敬わるるは人を益するより来たる
  14. たとい小物なりとも一見すればよく意を用うべし
  15. 人は老いても勉むべし
  16. 人は富貴なるも倹約すべし
  17. 身の運動を怠るべからず
  18. 友の危うきを見ば、直ちにこれを救うべし
  19. 人は正直なるべく、また温和なるべし
  20. 子は父母の心に従い、常に顔色を和らぐべし
  21. 人は頓知を養うべし
  22. 行いは正しくすべし
  23. 境にあるものは他人に譲るべし
  24. 人を思うこと、己を思うがごとくすべし
  25. 朝早く起くるは家の栄ゆる基なり
  26. 遊技を知らざるは恥にあらず
  27. 人のためには親切なるべし
  28. 無益の危険を冒すことなかれ
  29. 力を惜しまずして世益を図るべし
  30. 人を待つには誠をもってすべし
  31. 人は分に従いて孝養を尽くし得べし
  32. よく働き、またよく楽しむべし
  33. 冨は勉強にあり
  34. 誰も力を尽くして世益を図るべし
  35. 恩を受けては忘るべからず
  36. 人は礼儀を守るべし
  37. 父母のためには艱難を辞すべからず
  38. 孝子は人の恵みあり
  39. 知りたることは人に教うべし
  40. 我を守りたもうは君なり、その恩を忘るべからず
  41. 人の艱難に遭うを見ば、力に従いこれを救うべし
  42. 仁義のためには金を出して惜しむべからず
  43. 妻は常に夫のことに心を用うべし
  44. 同国の民はなお兄弟のごとく親しむべし
  45. 身、死するとも朝廷に背くなかれ
  46. たとい命を捨つるとも国の辱めをなすべからず
  47. 人の見ざるところにても悪しき行いはなすべからず 
  48. 孝子は世の規範たり
  49. 一文の貯えも久しく積めば大金となる
  50. 国難に当たりては誰も力を尽くす

 

[付録] 改正新案小学修身口授書外篇(稿本/小学校1年生向け)

 

<著者略歴>

廣池 千九郎(ひろいけ ちくろう)

慶応2年(1866)3月29日、大分県中津市生まれ。青年期に教育者として初等教育の普及に取り組み、未就学児童のための夜間学校開設や、道徳教育の充実を目的とした『新編小学修身用書』の発行、日本初の教員互助会の設立などにも尽力した。さらに地方史の魁となる『中津歴史』を執筆、のちに『古事類苑』(日本最大の百科史料事典)の編纂に携わるとともに、「東洋法制史」という新しい学問分野を開拓、大正元年に独学で法学博士号を取得した。 大正15年、『道徳科学の論文』を完成させ、総合人間学モラロジーを創建。昭和10年、千葉県柏市に「道徳科学専攻塾」を開設し、モラロジーに基づく社会教育と学校教育を共に行う生涯教育をスタートさせた。現在、社会教育は公益財団法人モラロジー研究所、学校教育は麗澤各校(大学・高校・中学・幼稚園)を有する学校法人廣池学園へと受け継がれている。 昭和13年(1938)6月4日逝去。享年72。著書に『支那文典』『東洋法制史本論』『伊勢神宮と我国体』『日本憲法淵源論』『道徳科学の論文』ほか。

 

  

他の写真

新編小学修身用書 巻之一

販売価格: 1,296円(税込)

重量: 222g

在庫あり
数量: