生涯教育の先駆者 廣池千九郎物語

生涯教育の先駆者 廣池千九郎物語

販売価格: 972円(税込)

重量: 196g

在庫あり
数量:
  • モラロジー研究所 編

A5判・111頁 ISBN 978-4-89639-252-4

【ためし読みは 表紙画像をクリック!!】 

 

“人間が幸せになるためには、学力やお金、社会的な地位などより、

  もっともっと大切なものがあるのではないだろうか――”

総合人間学モラロジーの創建者・廣池千九郎(法学博士、1866-1938)。

幕末から昭和初期という激動の時代、学者にして教育者、さらには救済活動家として

「人の生きる道」を探究し続けた72年の生涯をまとめたジュニア向けの伝記です。

 

 【主な内容】 

 はじめに

1) 負けず嫌いな少年

  • 「世の中の役に立つ人」になるために
  • 成績がよいというだけで
  • 十四歳の「先生」
  • 初めての失敗
  • 先生の後ろ姿
  • 親の恩に報いたい
  • 努力は必ず実を結ぶ

2) やる気に満ちた青年教師

  • みんなが通える学校に
  • 別れを惜しんで
  • 手を差し伸べずにいられない
  • 子供たちに伝えたいこと
  • 旅立ちのとき

3)歴史家への道

  • たった二人の雑誌づくり
  • 先生の留守番
  • 住吉神社での誓い
  • 両親の京都見物
  • 運命の出会い

4)国家的な大事業

  • うってつけの仕事
  • うるさいことを言う人だ
  • しかられたことに感謝して

5)法学博士への挑戦

  • よりよい国づくりに役立つ仕事
  • 「またいらっしゃい」のひと言
  • だれも手をつけていない学問分野
  • 固まった決意

6)成功と幸福は違う

  • 炎のような学究生活
  • 天国から地獄へ
  • 人間が幸せになるための道

7)「人の生きる道」を求めて

  • 道徳こそが幸せの鍵
  • 社会問題を解決するために
  • 後世に残すもの

8)世界を照らす「たいまつ」に

  • 東の空に輝く星
  • 平和への願い
  • 志を継ぐ人
  • 「ありがとう」のひと言
  • 受け継がれる灯火(ともしび)

年譜

生涯教育の先駆者 廣池千九郎物語

販売価格: 972円(税込)

重量: 196g

在庫あり
数量: