『れいろう』平成29年4月号

『れいろう』平成29年4月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 144g

在庫あり
数量:

誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。

「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。

"心のあり方が人生をつくる"を視点に、人間性・道徳性を育て、
豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。

<バックナンバーは、過去1年分に限りご購入いただけます>

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

年間購読のお申し込みはこちらから!

※モラロジー研究所出版部のホームページ(外部サイト)へ移行します。

※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。

B5判 68ページ 毎月1日発行 定価390円(本体価格361円)

 *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

 

  【主な内容】 

<母を憶う 28

  • 「母さん、神様あったね……」 / 前田道弘 

STAGE 10

  • 水族館で世界を変えたいですね / 中村 元

<れいろうの目>  

  • 正義と勇気 / 廣池幹堂

【特集】  凜として

  • 日本人よ、凜として生きよ――後世に徳を残していくために / 「日本を美しくする会」相談役 鍵山秀三郎
  • 凛として生き抜く――異文化を生きた明治の町娘 / 歴史作家 四條たか子
  • 誌上ゼミナール  いつも凜々しくあるために――運命は日々の生き方しだい / 本誌 編

おいしい一品みーつけた! 16

  • “ほたほた”とやわらか餅菓子――鹿児のもち / 本誌編 鹿児のもち(株式会社春光堂)

心に残る話

  • 心の真ん中にあるもの / 佐久間勇人

今日から始める自分磨きの習慣 40

  • 心に届くあいさつ / 三枝理枝子

教えてドクター! ホッと安心「ママの処方箋」 16

  • 年々増え続ける川崎病とは / 木野 稔

<地球さんぽ>

  • 九份(台湾) 本誌編

<さんぽのおとも>

  • 芋圓(台湾) 本誌編

 <いのちみつめて 10

  • さくらとともに / 鈴木中人 

清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 28

  •  「こうでなければ」という考えが強いと人に言われます。どうしたら発想を柔らかくできるでしょうか。 / 清水克衛

白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 38>

  • 千年のときを超える人間学の最高峰――源氏物語を描いた紫式部 / 白駒妃登美

七十二候の暦暮らし 40

  • 葭始めて生ず/ 広田千悦子

この道 わが道 16

  • 家業を社会の公器として受け継ぐ / 木村耕次

図解! モラロジー入門 28

  • 人心を開発し、救済する──安心感と喜びを共有するために / 望月文明

<ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 28> 

  • 「私がいるからだいじょうぶ」 / 山口心愛

信ずればこそ 10> 

  • 晴明 / 毛涯章平

それぞれの花 3

  • 出発 / 文=田渕高志

  <読者のひととき

  • 投稿コーナー・写真川柳
  • れいろうトピックス 日本の文化を知ろう / お知らせ プレゼント企画
  • 誌友会案内 ぐるり全国 れいろう誌友会 「さくら」(山形県)

 

今月の表紙 : 4月号「黄柳」
 



酢みそ和えにしようと買った菜の花を、コップに挿しておいたら花が咲いた。

はるか昔から日本中で栽培されていたアブラナ(菜の花)。

春の鄙の里に広がるアブラナ畑の美しさはさぞや人々の目を楽しませたことだろう。

この黄と緑の取り合わせを「なたねかさね」として探してみるのだが、春のかさねには「柳かさね」という名称しか見当たらない。

食料や燃料採取のために育てられる植物は貴族の装いには卑俗すぎるということなのだろうか。

冬の寒さに対抗するかのように巷の花屋さんの店先に色とりどりの花が並ぶ。

『れいろう』平成29年4月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 144g

在庫あり
数量: