『れいろう』平成29年7月号

『れいろう』平成29年7月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量:

誌名「れいろう」は、透きとおって光り輝く玉のような人間性を象徴する「八面玲瓏」という言葉からとっています。

「れいろう」は、モラロジーに基づいた生き方を考えていく「心の生涯学習誌」です。

"心のあり方が人生をつくる"を視点に、人間性・道徳性を育て、
豊かな人間関係を築いていくための情報を提供しています。

<バックナンバーは、過去1年分に限りご購入いただけます>

 

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

年間購読のお申し込みはこちらから!

※モラロジー研究所出版部のホームページ(外部サイト)へ移行します。

※年間購読料のお支払いは、郵便振替または、コンビニ決済のみとなっております。
お申し込みの際は、その他の決済方法をお選びいただけませんのでご注意ください。

B5判 68ページ 毎月1日発行 定価390円(本体価格361円)

 *.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*

 

 

  【主な内容】 

<母を憶う 31

  • ならぬ堪忍、するが堪忍 / 池田繁美 

STAGE 13

  • 祖母から受け継いだ「女子の武士道」 / 石川真理子

<れいろうの目>  

  • 知の巨人、逝く / 廣池幹堂

【特集】  心と体を満たす食――本当の「おいしい」を食べよう

  • 食が変われば子供は変わる──教育再生は「心と体」づくりから / 食育アドバイザー 大塚貢
  • よき食習慣こそ未来への財産──日々の食卓で「食べる力」を養おう / 日田モラロジー事務所 矢沢倫子
  • 誌上ゼミナール  母親の台所仕事は尊い──食卓に安心と喜びをのせて / 本誌 編

 

<ポカポカかぞく 〜家族のきずなエッセイ〜 31> 

  • 「あさがおで笑顔」 / 藤高綾

心に残る話

  • 「自分」を越える挑戦 / 小金井菜都

今日から始める自分磨きの習慣 43

  • 勧められた食べ物の断り方 / 三枝理枝子

七十二候の暦暮らし 43

  • 温風至る / 広田千悦子

<地球さんぽ 7>

  • フランス(ヴァランソル) / 本誌編

<さんぽのおとも 6>

  • カリソン(フランス) / 本誌編

<新連載 鎌田式防災! 家族を守るハート&アクション 1>

  • わが家の防災力チェック / 鎌田修広

教えてドクター! ホッと安心「ママの処方箋」 19

  • アトピー性皮膚炎との付き合い方 / 木野 稔

 <白駒妃登美の「なでしこ」歴史物語 41>

  • 戦国の民のバイタリティ──女性芸能の母、出雲阿国 / 白駒妃登美

 <新連載 親子で観たい! れいろうおススメ映画 1>

  • 古きよき日本人の心に触れる『蜩ノ記』 / 足立早恵子 

この道 わが道 最終回

  • 人づくり、地域づくりをめざして / 杉本哲郎

図解! モラロジー入門 31

  • 心づかいの重要性──道徳実行の因果律の理解 / 宮下和大

清水店長の「あなたに応えるこの一冊」 31

  • すぐにへこむ今年大学生になった息子に、人生の荒波を乗り越える一冊を。 / 清水克衛

それぞれの花 7

  • 祭典 / 文=田渕高志

 <読者のひととき

  • 投稿コーナー・写真川柳
  • れいろうトピックス 『れいろう』ニュース / お知らせ  プレゼント企画
  • 誌友会案内 ぐるり全国 れいろう誌友会  IJ・華(大阪府)

 <新コーナー 家族で楽しもう!>

  • れいろうクイズ

 

今月の表紙 : 7月号「鴇羽色」
 

タチアオイは夏の花として古来よく描かれる。

大輪の花を素直に咲かせて真っすぐに立ち上がる姿は、夏の熱気に涼を呼び込むすがすがしさがある。

濃い赤や白の花色の中に淡い鴇色のものを見つけた。鴇羽色という。

その呼び方は、鴇が絶滅危惧種の鳥になってしまった今となっては古色蒼然といった趣なのではあるが、

サーモンピンクやピーチカラーなどというよりも優美で健やかで、なおかつ希望に満ちた響きがあって好きだ。
 

 

『れいろう』平成29年7月号

販売価格: 390円(税込)

重量: 140g

在庫あり
数量: